新鮮

頑張らないために頑張る

情報システム開発

約10年携わっていたユーザ企業 SE についてツラツラと書いてみようと思う。

このエントリでは主に SIer さんや PG さんに参考になる話ができればと思う。みなさんの仕事の上流で何が行われて、その上流の人々の関心事が何かを共有することで、お互いにハッピーになれる部分があるのではないかと考えている。またそれ以外の方にも世の中にはそんな仕事があるのだと知ってもらえれば嬉しい。

「デスマーチが終わった」それはシステムの出来不出来とは全く関係がなかった。

フィクション小説 ユーザ SE の真実 06 話。全編は こちら 。 デスマーチプロジェクトに巻き込まれ、僕は彼女も生活も失った。数ヶ月におよぶ終電帰り。生きる意味、働く意味を問いかけ続け途方に暮れる毎日。そんななか、なんの前触れもなくデスマーチは終…

「なんのために生きているのか?」デスマーチはその名の通り死への行進だ

フィクション小説 ユーザ SE の真実 05 話。全編は こちら 。 同棲していた彼女に愛想を尽かされて以降、僕の生活はすさみ切っていた。 まー、すさむよね、、 唯一の楽しみは食べることだった デスマーチプロジェクトに巻き込まれ昼夜を問わずテスターを繰り…

「デスマーチなの?」Yes と答えたら優しく抱きしめてあげて欲しい

ユーザ SE になってはじめて経験したデスマーチ。 その影響は会社生活だけではなく私生活にまで及んでいた。 それはそうだよね。。 感動した書籍 SE職場の真実 どんづまりから見上げた空 に触発された連載エントリです。情報システム開発で不幸になる方を少…

デスマーチは続くよどこまでも

丸投げしていること、そして良いシステムでも無闇に展開できないことに疑問を持ちつつ、僕はユーザ SE 業務にどっぷり浸かりはじめることになる。 そしてはじめてのデスマーチに遭遇する。 ファイトー! 感動した書籍 SE職場の真実 どんづまりから見上げた空…

いい出来のシステムでも無闇に使われると困る

超有名メーカの部長・課長から平謝りされる経験から始まったユーザ SE 業務。 先輩社員に話を訊くと僕はある誤解をしているらしいことが分かった。 感動した書籍 SE職場の真実 どんづまりから見上げた空 に触発された連載記事です。情報システム開発で不幸に…

丸投げ、多重請負構造との出会い

「東京よ、、、私は帰ってきた!!」 アナベル・ガトー並みに、心の中でそう叫んだのを覚えている。 ガンダムオタク・・・ ちがうよ笑 感動した書籍 SE職場の真実 どんづまりから見上げた空 に触発された連載記事です。情報システム開発で不幸になる方を一人…

情報システムに関わる方は必読「SE職場の真実 どんづまりから見上げた空」

最近読んで、ほんとに面白いと思った本がある。 SE職場の真実 どんづまりから見上げた空作者: 赤俊哉出版社/メーカー: 日経BP社発売日: 2017/10/19メディア: 単行本この商品を含むブログ (2件) を見る 著者の赤俊哉氏は次の経歴を持つ方である。 下請け SE …

お客様の声に耳を貸すことと言いなりになることは違う

僕はふだん怒ることはないのだが、ひさびさに憤りを感じている。 このニュースだ。 this.kiji.is 池袋マルイで企画していた「ふともも写真の世界展」が中止になったとのことである。理由は諸般の事情という発表だが、お客様からのクレームが入ったことだと推…

311 と BCP(Business Continuity Planning)

東日本大震災から 7 年が経とうとしている。 数万人規模の犠牲者をだした未曾有の大災害。知人の知人を亡くしたり、元彼女の家族が避難してきたり、といったエピソードがあったりするので、そんな話でもツラツラ書こうと思ってエディタを開いてみたが、いか…

【今日も】荒木ゆいから考える仕様変更原因【帰れない】

AI アナウンサー「荒木ゆい」が正式サービスインとのこと。 AIアナウンサー「荒木ゆい」が正式サービスイン、月額9800円で20回分の音声をダウンロード可能 | TechCrunch Japan 「荒木ゆい」とは文字原稿を与えると、あたかもアナウンサーが喋るかのように音…

【ダイエット】KPT で気軽に改善、改善、また改善!【マネジメント】

情報システム開発手法をダイエット・マネジメントに適用してみるシリーズ。 今回は「目標→標準化→効果測定→継続的改善」の最終フェイズである「継続的改善」について考えてみよう。継続的改善といえば、みんな大好き「KPT」である。 KPT?またよく分らない単…

【ダイエット】バーンダウンで痩せてみる【マネジメント】

さて「バーンダウンチャート」である。 先日はダイエット・マネジメントに情報システム開発手法「バーンダウンチャート」を適用してみようと考えだしたが、結局はガントチャートの不平不満をまき散らしただけのエントリで終わってしまった。 【マネジメント…

【マネジメント】10 日で終わるはずが 25 日かかる【意味なし】

先日、ダイエットのやり方について考えはじめた。 【超絶悲報】僕氏、2ケ月で8キロ太る【ピザデブ】 - 新鮮 【ダイエット】食事と運動の標準化、お肉は食べても大丈夫【ウマー】 - 新鮮 引き続き、情報システム開発の考え方をダイエットに取り入れよう。 今…

EA の功罪(4) BA(業務) をデバックせよ!

先日、"EA"(Enterprise Architecture) というシステム開発方法論を述べた。そして砂上楼閣な計画が何故か実施まで進んでしまい、その結果どうなったかまでをお話した。一方で EA 自体はときに非常に有効に使える考え方であることを補足した。 EA の功罪(1) …

EA の功罪(3) 「順番」を定義したところは素晴らしいと思う

先日、"EA"(Enterprise Architecture) というシステム開発方法論を述べた。そして砂上楼閣な計画が何故か実施まで進んでしまい、その結果どうなったかまでをお話した。 EA の功罪(1) 理想を実現するのは難しい - 新鮮 EA の功罪(2) 地獄への道は善意で舗装さ…

EA の功罪(2) 地獄への道は善意で舗装されている

先日、"EA"(Enterprise Architecture) なるシステム開発方法論を述べた。そして砂上楼閣なプロジェクトが何故か実施にまで進んでしまうまでのお話をした。 EA の功罪(1) 理想を実現するのは難しい - 新鮮 今回は「EA 開始後の顛末」である。 EA 開始後の顛末…

EA の功罪(1) 理想を実現するのは難しい

すこし昔の話をしよう。 システム構築方法論のひとつとして "EA"(Enterprise Architecture) がある。 EA とは「業務とシステムの最適化」を目指し、企業内のすべての業務とシステムを整理して「あるべき姿(tobe)」を計画し、その計画に沿ってシステム化を進…

ユーザがいないとデスマーチにならない

以前のエントリで、良いシステムとは「使われる」システムであると述べた。 品質がいいだけのシステムはゴミ? システムの価値は、使われること x 品質 であり、品質だけが良いシステムは無価値であるとした。次にシステムが「使われない」原因を考察した。 …

使われないシステムが生まれる原因?

先日に引き続き、約10年携わっていた「社内システムエンジニア」についてツラツラと書いてみようと思う。 このエントリでは主に SIer さんや PG さんに参考になる話ができればと思う。みなさんの仕事の上流で何が行われて、その上流の人々の関心事が何かを共…

品質がいいだけのシステムはゴミ?

先日に引き続き、約10年携わっていた「社内システムエンジニア」についてツラツラと書いてみようと思う。 このエントリでは主に SIer さんや PG さんに参考になる話ができればと思う。みなさんの仕事の上流で何が行われて、その上流の人々の関心事が何かを共…

なぜシステム開発を丸投げするのか?

先日に引き続き、約10年携わっていた「社内システムエンジニア」についてツラツラと書いてみようと思う。 このエントリでは主に SIer さんや PG さんに参考になる話ができればと思う。みなさんの仕事の上流で何が行われて、その上流の人々の関心事が何かを共…

社内システムエンジニアの仕事って?

今日は約10年携わっていた「社内システムエンジニア」についての想いをツラツラと書いてみようと思う。なお過去形なのは、社内ジョブローテーションにより、いまは少しだけ毛色の違う仕事に携わっているからである。 このエントリでは主に SIer さんや PG さ…