新鮮

頑張らないために頑張る

ここ半年、ボディーシャンプーを使っていない

マンガで分かる肉体改造  湯シャン編 (コミック(YKコミックス))

マンガで分かる肉体改造 湯シャン編 (コミック(YKコミックス))

「マンガでわかる肉体改造 湯シャン編」は、ちょっと前にネットを騒がした ゆうきゆう 氏の書籍だ。曰く、ヘアシャンプーやボディシャンプーをつかうと肌の細菌バランスを壊してしまい、逆に臭いや肌荒れの原因になるのだという。そこで お湯だけで頭髪や身体を洗う「湯シャン」を推奨 している。湯シャンは割りとメジャーのようで、芸能人ではタモリさんや福山雅治さん妻夫木聡さんローラさんなども行っているとのことである。

 

昔の話になるが、僕はアトピーを患っていたので、運動した後だったり夏場の枕だったりはかなり臭っていたと思う。間違っても加齢臭ではない(笑)

ニオイ対策・アトピー対策でヘアシャンプーやボディシャンプーは色々試した。アンチエイジング系のものだったり、いい匂いでごまかす系だったり、肌に優しい高級系のものなども使っていた。

 

半年ぐらい前に本書を読み「ものは試し」で湯シャンをはじめる。具体的なやり方は本書を参照して欲しい。その結果、色々とメリットがあったので、いまはヘアシャンプーやボディシャンプーを使っていない。すこしまとめてみよう。

特段クサイと言われることはない。

やはり気になるのは臭いのではないだろうか。クサくなるイメージがあるが湯シャンをはじめてからクサイと言われたことは全くない。枕も特に臭いはしない。実はまわりが気を遣っているだけでは?と思い、元彼女に訊いてみたときも「良い匂いも、悪い匂いもしない」との回答なので、事実、クサくないのだろう。

肌が安定する

アトビー用の薬をもらうためにずっと皮膚科に通っていたが、特に通わなくても良くなった。(これも本書を参考にしたのだが)多少肌荒れしたときもワセリンを塗れば治ってしまう。なんだか普通の感じの肌に戻った気分である。

とにかく楽だ

いままではお風呂がいくのが面倒くさかったが、湯シャンに変えて非常に楽になった。

手順 いままで 湯シャン
全身を流す 必要 必要
ヘアシャンプーをつける 必要 -
洗顔フォームを泡立てる 必要 -
洗顔フォームをつける 必要 -
ヘアシャンプーを洗い流す 必要 -
ボディシャンプーをつける 必要 -
ボディシャンプーを洗い流す 必要 -
全身を拭く 必要 必要
ドライヤーする 必要 必要
化粧水をつける 必要 -
乳液をつける 必要 -

だいぶ効率化したのが分かる。

さらにいえば、ドラッグストアに買いに行く手間が省けたり、お風呂が汚れにくいので掃除する頻度を落としても大丈夫だったりと、とにかく楽だ。

困ったこと

んー、困ったこと自体はあまり無いのだが。強いて言えば、人を呼んだときに何もないのはさすがに微妙なので、自分では使わないけど、ヘアシャンプーとボディシャンプーを風呂場に置いているのが邪魔なくらいか。

 

湯シャンについて色々調べると「万人に適した方法論ではない」とのことではある。実際にやってみるとデメリットはほぼない割にメリットは多数ある。あなたも騙されたと思って一度試してみるのはどうだろうか。