新鮮

頑張らないために頑張る

SPONSORED LINK

ゲン担ぎとは難しいお題だ

 

はてなブログの今週のお題は「ゲン担ぎ」である。

 

はて、難しいお題だ。

ゲン担ぎ。何かしてたっけ?

 

まずゲン担ぎというのはどういうことなのだろうか。結果を再現したいみたいなものか。因果関係はないかもしれないが神頼み的にでも前と同じ成功を望む的な。

 

人間生きていると、勝った、受かった、付き合ったみたいな成功は何度かあるだろう。僕は「いかに頑張らないか」を一つの命題にしているのだが、そんな僕にでも成功体験は何度かある。中学時代のスポーツの試合、大学院合格、就職面接、資格試験、一回り離れた子と付き合うなど。

 

成功体験の前には挑戦がある。

話は逸れるが、僕の IME はさっきから「せいこう」を「性交」と変換する。なんだこれは。性交体験って。普段そんな文章を書いているのか。そういえばスマホの日本語変換で浮気がバレたみたいな話があるそうだ。「あ」と入力したら明美と出てバレたとかなんとか。え、いや、僕のことじゃないです。明美じゃないです。本当です。

 

さて成功体験の前には挑戦がある。挑戦はケの日ではなくハレの日である。ハレの日があるからこそゲン担ぎするのだ。逆いえば、ゲン担ぎするのはハレの日があるからだ。挑戦することがあるからだ。そうかんがえると一つの結論に達する。

 

ゲン担ぎ、する機会がない(笑)