新鮮

頑張らないために頑張る

【書評】沈黙のWebライティング、書籍の追加部分は想像以上に濃密だった

f:id:hiizumix:20180224201208j:plain


f:id:hiizumix:20180224195216j:plain

せっかく書いたブログをもっとみんなに見てもらいたい!

そんな方にむけたエントリ。

ブログをはじめて約 2 ヶ月。意外と楽しいなと感じる一方、難しさも感じている。

アウトプットで得られた 3 つのこと - 新鮮

「難しいなぁ」とおもうのは大きく2つ。

  1. 書くネタ(what)
  2. 書き方(how)

今回お話したいのは 2 つ目の書き方(how) である。

書き方(how)って難しい

ブログに書きたいネタリストはある程度たまっているのだが、いざネタを人に見せる文章に落とし込もうとすると、これが存外むつかしい。

「んー、書けねー」という感じ(笑)

変に考えず、話すように、思うままに、ただ書けばいいだけでは?と思ったりもするのだが、どうにも「人に見せる文章」の意識があると些細なところで止まってしまってキーボードが進まない。

「句読点の位置はコレで良いのか?」

「漢字の開きや閉じはコレで良いのか?」

文章テクニックの試行錯誤でライティングが進まないなかで出会った書籍、「これはスゴイな」と思った書籍が「沈黙のWebライティング」である。

沈黙のWebライティング ?Webマーケッター ボーンの激闘?〈SEOのためのライティング教本〉

沈黙のWebライティング ?Webマーケッター ボーンの激闘?〈SEOのためのライティング教本〉

さまざまなブログでオススメされている著名な書籍なので一読してみたが、「そこまでノウハウを晒していいのか?大丈夫か?」と思えるほどの良書だった。

もし同じように「んー、書けねー」と感じている方にぜひオススメしたい。

「沈黙のWebライティング」

「沈黙のWebライティング」は会話形式・ストーリ形式で Web ライティング、すなわち Web 媒体における文章の書き方(how)を指南する書籍である。

まず SEO から始まり、感情的・論理的アプローチ、拡大戦略(オウンドメディア、ライター利用、バズらせ方)など広範囲に展開していく。

内容の大半は Web で無償公開されているので、ぜひ見てみて頂きたい。

沈黙のWebライティング - Webマーケッター ボーンの激闘 -

書籍自体は上記サイトの焼き直しが大半なのだが、「大半」なのがミソだ。


新しい領域を学ぶときの定石は、まず「入門書」で概観を掴んでから「専門書」で詳細を学んでいくことである。

なんでもいい。たとえばデータベースに興味があっても、いきなり ORACLE MASTER GOLD の「専門書」を読むのではなく、データベースの仕組み的な「入門書」から入っていくだろう。

本書の特徴は「入門書」部分をマンガ形式で紹介し、各章の最後に「ヴェロニカ先生の特別講義」と題した体系的に整理した Web ライティング・ノウハウを追加していて、この追加部分が書籍のみの部分だ。

いきなり「専門書」だけが出されても理解しずらいものだが、まずマンガ形式で導入し、その後に体系的なノウハウを紹介している。

つまりは「入門書」と「専門書」が同時に手に入るのである。

「ヴェロニカ先生の特別講義」はどんな内容?

書籍で追加になった部分として特に大事だなと思うところは次である。

  • 「システム1」「システム2」を踏まえた具体的な文章作成ポイント
  • セルフディスカッションとセルフディベート
  • 論理的思考を行う際は「因数分解」を意識

このあたりは Web で「触り」だけを触れているが、その具体的なノウハウはやはり書籍までみないと理解できない。

そしてそのライティング・ノウハウは一体全体どれだけの試行錯誤を繰り返したならばこれほどのノウハウを手に入れることができるのか?と思えるほど、実に有益だ。

そして Web に限らず、ライティングにかかる領域全てに応用できるノウハウだろう。

f:id:hiizumix:20180224200400j:plain

仕事で作る資料、分かりにくいって言われるんだよね…

そういう方にも具体的に「使える」内容だと思う。

所感

書籍とはいえ、著者ビジネスのコアコンピタンスの塊と言っていいノウハウを公開するのは純粋にスゴイと感じる。

ただ「これだけやればいい」といった類の書籍ではなく「ここまでやらないとダメ」系のノウハウの塊なので、一読するだけでは腹落ちまでは難しく、これから何度も読み返すことになるだろう。

また、how としての有益性はもちろんだが、著者のクリエイターへの敬意・愛がとても深く純粋に感動する。

伝えたい人・表現したい人、そういう方を応援し、WEBではこうするといいよ、するとみんな嬉しいよという姿勢がダイレクトに伝わってくる。

やはり、どんな領域においても「why からはじめよ」なのである。

www.hiizumix.net

沈黙のWebライティング ?Webマーケッター ボーンの激闘?〈SEOのためのライティング教本〉

沈黙のWebライティング ?Webマーケッター ボーンの激闘?〈SEOのためのライティング教本〉