新鮮

頑張らないために頑張る

【ダイエット】BRITA を使ってみたら異常に快適だった件【水は大事】

f:id:hiizumix:20180305212824j:plain

昨年の 20 キロ超ダイエットで活躍したモノを紹介しようと思う。

今回は「水」である。

f:id:hiizumix:20180228224518j:plain

水?

水は大事

「いつもペットボトルで水を買ってるけどメンドクサイ」

「ウォーターサーバはジャマ」

そんな方は多いだろう。

僕もとにかくメンドクサイ、いや、メンドクサかった。

糖質制限系のダイエットをすると、飲み物はだいたいブラックコーヒーか水になる。また主食のプロテインシェイクを作るにも水が必要になる。多いときには一日あたりペットボトル 2 本を使い切ってしまうことも良くあるので、とにかくメンドクサイのだ。

在庫が無くなったら買いに行く、重いペットボトルを持って帰る、置いておくのに場所も取る、そのうえ管理をミスって足りなくなったら悲惨だ。

もちろん水道水が飲めればいいのだが東京の水道水は口に合わない。

昨年の KPT で、水調達のメンドクサさが原因でダイエット・モチベーションが低下していたことが分かった。そこで、わりと評判の良かったら BRITA の浄水ポットを試してみたところ、これが異常に快適だったので参考展開しようと思う。

BRITA の浄水ポットとはこんなモノである。

BRITA ブリタ 浄水 ポット 1.4L マレーラ Cool ポット型 浄水器 カートリッジ 1個付き スリム スタンダードモデル 【日本仕様・日本正規品】

要は水道水を濾過して飲料水にするポットだ。

f:id:hiizumix:20180302185558j:plain

これで飲める水になるの?

良いところ

おいしい

いわゆる「くさみ」みたいなものは完全になくなるので、なんとかの名水とまでは言わないが、東京の水でも十分飲める味になる。あなたが水ソムリエでもなければ問題ないだろう。

何しろラクだ。

わざわざスーパーやコンビニまで水を買いに行く必要がないし、クソ重いペットボトルを持ち帰る必要がない。特に雨の日の地獄が回避できるのは嬉しい。

さらに、余剰在庫を買うこともなければ在庫切れを心配する必要がない。もちろん棚卸をする必要もないし在庫用の場所を確保しなくてもよい。在庫を最小限にするのは企業でも個人でも同様に大切なことだ。

経済的

僕の実績で言えば、BRITA の定期的なコスト(フィルター代)は月 300 円ぐらい。ペットボトル 2 本程度で 1 ヶ月分の飲料水が買えてしまうので実に経済的である。

悪いところ

浄水フィルターは消耗品のため定期的に変える必要がある。

サイトをみると 2 ヶ月をめどに交換しろと言われるが、4 ヶ月使っていても「くさみ」はほぼ感じないのでもうちょっと持つのだろう。ペットボトルを買ったり、ウォーターサーバで運用するのを考えたら天地ほどラクである。

まとめ

糖質制限系のダイエットでは「水」が大事になるのだが、その調達や在庫管理がメンドクサかったりする。頑張らないために頑張るのがこのブログのモットーということもあり、課題解決事例を紹介してみた。元はすぐに取れるので試してみてもいいだろう。

f:id:hiizumix:20180226191529j:plain

たんに面倒臭がりなだけじゃないの?

面倒臭がりはシステム屋さんの性だね。。

おわり。