新鮮

頑張らないために頑張る

ユーザ企業の組織力学を理解できれば将来安定だw

f:id:hiizumix:20180222211238j:plain

 

情報システム系で 40 代の求人が増えているらしい。

40代技術者の転職、できる人とできない人の差 | 日経 xTECH(クロステック)

 「40代の技術者を欲しがる企業は年々増えている」。35歳から49歳のミドル層を対象にした転職サイト「ミドルの転職」を統括する、エン・ジャパンの天野博文人財プラットフォーム事業部 事業部長はこう明かす。ミドルの転職に掲載された求人数は、2014年12月を100%とすると、2017年12月は253%。3年間で約2.5倍に増えた。

(中略)

 業務知識では単に知っているだけでなく、知識を基にユーザーと折衝した経験があると評価が高い。上流工程の経験は40代の転職ではほぼ必須となる。笠原キャリアパートナーは「アプリケーション開発で要件定義の経験がなかったり、運用で運用設計の経験がなかったりすると、正直なところ40代での転職は難易度が高い」と打ち明ける。

僕はユーザ企業側の立場なのだが、技術一辺倒の方は確かに付き合いづらい面はある。でもそういう人ほど実は信頼が置けるのは確かだったりするので個人的には大好きだ。ただ結局は情報システムは人間関係で作り上げるものなので、ユーザ企業の組織力学を踏まえた上でお話できる人はやりやすいし、変な話、次の案件も「おまかせしよう」と思ったりする。

一方、「私の仕事はここまでです」はちょっと考えものだ。ユーザ企業のシステム部門はただでさえ「敵」が多いので仲間がほしいというのが実直な感想だったりする。それがビジネスとして正しいかはさておいて。

f:id:hiizumix:20180222210559j:plain

一緒にゴルフに行く仲間がほしいだけじゃないの?

 

いやいや、まあ、そうだよ(笑)