新鮮

頑張らないために頑張る

なぜシステム開発を丸投げするのか?

先日に引き続き、約10年携わっていた「社内システムエンジニア」についてツラツラと書いてみようと思う。

このエントリでは主に SIer さんや PG さんに参考になる話ができればと思う。みなさんの仕事の上流で何が行われて、その上流の人々の関心事が何かを共有することで、お互いにハッピーになれる部分があるのではないかと考えている。またそれ以外の方にも世の中にはそんな仕事があるのだと知ってもらえれば嬉しい。

 

今回は「なぜシステム開発を丸投げするのか?」である。

システム利用企業の人事制度

なぜ丸投げをするのか?の前に、システム利用企業の人事制度を考えてみよう。

 

一般に、日本の大企業の人事部担当者は「どれくらい人事異動を成功させたか」で評価される。人事の視点では、ある社員がいなくなったときに会社が回らなくなることは大きなリスクで、このリスクを回避するためにいかに業務の属人性を撤廃するのかがミッションとなる。社員はあくまで会社の部品であり、それは代替可能でなければならない。

 

このミッションは「多角的視野をもたせる」という大義を作り上げ、その大義のもと、定期的な人事異動をすすめていくことになる。その結果、必然的に「広く浅く」対応できるジェネラリストな社員だらけになる。極端な話、営業部長がある日いきなり情シス部長になったりするのである。そうすると Oracle DB と MySQL の違いすらもわからない CIO(最高情報責任者)が生まれるわけだ。

 

そう、あなたは信じられるだろうか。ある日突然、100億円級のシステム開発の決裁権限者が、つい先日まで営業部門で飲んだくれていたオッサンになるのだ。

システム開発は高度な専門的知識を要求する

一方で、競合他社と競争していく上では社内業務のシステム化は必須である。なんでもいい。請求書発行を手作業でやる会社と、全て自動化している会社、どちらの会社がよりシェアを伸ばす土台があるかは火を見るより明らかだ。

 

しかしながら、システム化は極めて高度な専門的知識を要求する。要求開発、要件定義から始まり、どんなハードウェアを用意してどういう構成をとるべきか、どのデータベースを選定しどんな設計にすべきか、コーディング、テスト、アーキテクト、サービスデスク、セキュリティ、プロジェクトマネージメントなど、様々な領域のスペシャリストを集めることができてはじめて作り上げられる一品物の芸術品である。

システム開発はだいたい失敗する

さらにもう一つ。システム開発に失敗はつきものである。 JUAS(一般財団法人 日本情報システム ユーザ協会) の2015年レポートを参照すると次の数字が出ている。

  • 14年度、500人月超案件で、スケジュール遅延がなかったのは 25.5%
  • 14年度、500人月超案件で、予算超過がなかったのは 32.1%

 

要件がまとまらない、仕様変更が多発した、予算が足りない、想定よりも多くのトラヒックが発生した、製品バグを踏んだ、プロジェクトマネージャが病院送りになったなど理由は様々だが、恐ろしいことに大規模案件の半数以上は失敗するのである。

丸投げしか選択肢がない

定期的な人事異動により「広く浅く」人材育成するミッションがある一方で、極めて専門的知識を要求するシステム開発のような「狭く深く」人材育成する必要もある。さらに大体失敗するので「誰かに責任を取らせる」必要がある。この矛盾を解決する手段は「丸投げ」しかない。

 

自社社員は「広く浅く」人材育成し、専門技術は丸投げして責任だけ取るよう蓋をする。これが人事と経営層が結託したときの唯一の解になる。そうして選ばれた発注側システム担当者が、あなたの眼の前に居る人だ。

 

彼は、つい先日まで営業部長だったオッサンに毎日こう言われているのである。

 

技術に精通していないから外注しているんだろ、非機能要件とか難しい言葉を使うな、性能が出ないとか論外だろ、追加工数など認められるワケがない、そもそもこんなプロジェクトはじめるべきではなかったのだ、SIer を変えた責任はお前が取れ、俺の手を煩わせるな、二度と顔を見せるな。

 

もちろん、あなたの眼の前の人を優しくしてあげてとか、同情してあげてとか、察してあげてとかいうつもりは一切無いのだが、多重請負構造の上流にも同じくらい深い闇があることを知っておくと、有用な局面があるのかもしれない。

 

なんだか、救いのないエントリになってしまった笑

 

あなたは思うかもしれない。「利用企業が技術を学べいいのでは?」と。それは一つの解なのだが、実は利用企業が技術を学ぶと、丸投げをせずに内製開発を推進していくことになる。すると SIer の仕事がなくなり困る人が出る。と、別のサイクルが回りだしてしまう。

 

内製開発には思うところもあるので、また別のエントリで考えてみよう。

 

おわり。